インビザラインは画期的な歯列矯正方法

歯列矯正 歯科矯正は矯正金具が目立ち、苦痛やメンテナンスなどが伴います。
ですから経験者の話を聞くほどに施術が大変なことだというイメージが大きくなっていませんでしょうか。
しかし同じ歯科矯正法でも「インビザライン」はその概念を覆してくれます。
アメリカで開発された歯科矯正法、インビザラインは目立たない・痛くないをコンピューター技術を駆使して行う歯科矯正法です。

アメリカンテクノロジー社で開発されたインビザラインは、透明のマウスピース型歯科矯正器具を使用します。
1997年に地元アメリカで始まって以来、全世界で340万人以上の治療実績があり、ハリウッドセレブも利用した経歴があると言われています。
最新のテクノロジーを駆使した歯列矯正法だからかかなり高額なのではという懸念もありますが、症例によってはリーズナブルに治療が可能です。

インビザラインにかかる費用は、難易度の高いフル矯正で100万円前後、標準的なフル矯正で80万円前後、軽度の矯正で50万円、部分矯正30万円前後となります。
ただし歯科矯正の内容によっては治療方法と歯科医院によって追加料金が発生し、トータルではこれ以上の金額になることもあります。

それでは発祥の国、アメリカにおいてはインビザラインの価格はもっと抑えられるのかというとそうでもなく、アメリカにおいて歯科医療が高額であることはよく知られています。
そのため多くの人は歯の医療保険に加入し治療費を低くしようとするのですが、保険に加入していたとしてもインビザラインにかかる費用は50~100万円と高額になります。
しかしながら日本においてインビザライン治療を行うときはアメリカのアライン・テクノロジー社に歯のデータを送付し、マウスピースを製作・発送してもらいますから歯科矯正施術部分は自己負担となるものの、マウスピースはアメリカで治療するときと同金額で製作してもらうことができます。
しかもこの治療費は医療費控除の対象となりますから、他の医療費と合わせて確定申告すれば、所得税額を軽減して治療費を抑えることも可能となるのです。

画期的な歯列矯正法インビザラインのまとめとして、薄さ0.5mmの透明素材を使ったマウスピースですので装着していることに気付かれにくいという長所がありますから今後広く普及していくことが予想されます。
また痛みが少ない・衛生的・金属アレルギーの人でも安心などのメリットがあります。
それからマウスピースは取り外しが可能ですから、食事のときに美味しいものをしっかり自分の歯で味わえる・歯磨きもしやすい衛生的な面のメリットもあります。
一方で装着時間を守らないと治療時間が長期となる・まだ扱っている矯正歯科医が少ないなどのデメリットもあります。

痛みや矯正器具の目立ちやすさが気になる方は、インビザラインによる矯正治療をおすすめします。
そして自費治療は矯正歯科医院によって扱っている種類や費用が異なってきますから、その費用対効果についてもよく考慮してから施術するかどうかを決めましょう。